太陽と大地は不仲ではない

君が思う「カレー」と、みんなが思っている「絵描き」は、もしかすると全く違うものかもしれない。そんなことを想像すると、なんだか不思議じゃない?
ページの先頭へ
トップページ >

ひんやりした日曜の昼は外へ

なぜかお肉をそこまで食べられないので、おかずはどうしたって魚が主な栄養になってくる。
そのことから、例年の、土用丑の日は、結構イベントだ。
江戸のあたりでウナギを開くときには、背開きという習慣がある。
どうしてか説明すれば、昔から武士文化なので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、よろしくないため。
それに対して、西で開かれるうなぎには、腹開きの場合が習慣。
というのも、大阪の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味に由来するから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、場合によってはタブーの場合も。
というのも、大阪の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味に由来するから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、場合によってはタブーの場合も。
上記の豆知識は、旅行会社で働いていた時に、紹介として、お客さんにしゃべっていた雑学です。
渋谷駅から出発して、静岡の浜名湖や三島や沼津のウナギを食べに行くというコース。

喜んで口笛を吹く兄さんと紅葉の山
タイムイズマネーというのは、素晴らしい言葉で、ダラダラしていると、本当にあっという間に時が無くなってしまう。
もっともっとさらりと作業も業務日報も終了すれば、これ以外の事に必要な時間を回せば効率がいいのに。
掃除をしたり、ジムに行ったり、自炊したり、雑誌を読んでみたり。
とのことで、最近はてきぱき終わらせようと心がけているが、いつまで頑張れるのか。

雲が多い日曜の夜明けに散歩を

友人のボーイフレンドが梅干しを販売しているとの事。
東京に本社があり、香港にショップもでき、関西の方に工場がある。
日本全国に、たまに、数人で組んだグループで訪問販売をするらしい。
深夜に、こんな話を聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と言いながら出してくれた。
このときに食べた梅干しが、今までで最高に美味しかった。
なんと、早速はちみつ梅を注文してしまった。

無我夢中で自転車をこぐ兄さんと飛行機雲
東京都でも江戸の頃より賑わっている町、台東区の浅草。
特に歴史のある寺が浅草の観音様だ。
そこそこ近頃、浅草寺詣でに行ってきた。
珍しく向かう都内浅草参拝。
一段と、自分の目で実際に確認し分かったのが、日本人以外のツアー客多いという事実。
いろんな国より旅行客の集中する浅草だけど、少し前よりどう考えても多くなっている。
というのは、世界で一番背の高い電波塔、スカイツリー完成の影響もあるといえるだろう。
アジア方面からは、羽田空港のハブ化に伴って便が良くなったという事から、プラス、ヨーロッパ方面や欧米からは、着物や和装小物に魅せられて来ている旅行客が多いのだろう。
いずれ、これから先も多くの外国人がやってくるということを予想させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私はというと、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、改修工事を行ったそう。
浅草寺の秘仏の観音様に日本の平和を祈りご参拝した
今年の頑張りが、これからの未来でどこかで実りますように。

怒って体操する母さんと履きつぶした靴

そしてお客さんは、だいたい日本からの観光客という状態だったので、その光景に驚いた。
店の中の客は、ほとんどが日本人観光客という様子だったのでその雰囲気にもびっくりした。
実は、韓国コスメは肌が若返る成分が多く使用されているらしい。
もちろん、コスメにも惹かれるけれど店番の人の日本語能力にも素晴らしいと思った。
簡単な会話なのかもしれないが、日本語が支障なく話せている。
私たちは、頼りない韓国語を使おうと向かった韓国だけど、必要ないようだった。
必要に駆られれば、しっかり学べば外国語を話せるようになるという事を知ることができた旅行だった。

笑顔でお喋りする先生とアスファルトの匂い
打ち上げ花火の季節だけれど、住んでいる位置が、リゾート地で毎週、打ち上げ花火が打ち上っている、もう慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、花火をあげているので、苦情も多いらしい。
私の、家でも打ち上げ花火の音がうるさくてひとり娘がパニックで泣いている。
年に一回ならいいが、夏季の間、毎週末、一時間近くも音がなっていては、嫌になる。
さっさと終わればいいのにと思う。

具合悪そうに口笛を吹く父さんとぬるいビール

今日この頃、小説を読み進めることはわずかになったが、一時前に北方版水滸伝に没頭し読んでいた。
違う作者の水滸伝を軽く読んだ時は、つまらなくて、心酔しなかったが、北方版水滸伝を読み進めたときは、夢中になり、読み進めるのが止まらなかった。
業務の昼休みや仕事が終わってからの食事中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場キャラクターが人間くさく、男らしい人物がめちゃめちゃ多人数で、そこに心を奪われていた。

そよ風の吹く日曜の夕暮れは窓から
えっと思うくらいただの布は金額がする。
娘が園に入園するので、色々と手作りの袋が必需品だが、思いのほかただの布が金額がいった。
目立って、キャラクターものの裁縫するための布なんて、たいそう高かった。
幼児向けのキャラクターものの仕立てるために必要な布が大変金額がいった。
使用する大きさのの既成品を購入した方が手っ取り早いし、楽なのだが、かたいなかなので、園で必要な袋はみんな、母親が縫ったものだし、近隣に売っていない。

陽の見えない水曜の夕暮れは熱燗を

私は前から、素肌がまったく強くなく、すぐにかぶれてしまう。
そして、ボディーシャンプーの肌にこびりつく感覚が嫌いだ。
だけど、冬の時期はもちろん乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないスキンローションを使用している。
愛用中の商品のガッカリなところは、価格設定が凄く高いので、なかなか買えないところだ。

雲が多い日曜の夕方は立ちっぱなしで
個人のおおよそが水分という研究結果もあるので、水分摂取は人の基本です。
水分摂取を怠ることなく、みなさん健康で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく光の中より蝉の声が聞こえるこの頃、いつも外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策についてマメな方が多いかもしれません。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、やはり気にしてしまう部分かもしれません。
やはり、誰でも気にかけているのが水分摂取に関してです。
もちろん、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは例外の可能性もあります。
その理由は、たくさん汗を出して、気付かないうちに体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分の具合も関係するかもしれません。
もしかすると、自分で気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
ちょっと外出する時も、小さなもので充分なので、水筒があるととても経済的です。
個人のおおよそが水分という研究結果もあるので、水分摂取は人の基本です。
水分摂取を怠ることなく、みなさん健康で楽しい夏を満喫したいものです。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 太陽と大地は不仲ではない All rights reserved.