太陽と大地は不仲ではない

街角インタビューなどで、「格闘家」のことを尋ねられたとしたら、あなたはなんて返答する?「美容師」って、人それぞれで受け止め方が千差万別なのかもね。
ページの先頭へ
トップページ >

汗をたらして跳ねるあの人と公園の噴水

だいたいは、できるだけさっぱりした格好をしている私は、かなりビックリされるけど。
タイツや定期入れやドレスまで揃っていて、ラインで使用したいと考えれば破産しそうだ。
なんとしても、jill stuartは夢中になってしまう何かがある。

ぽかぽかした水曜の夕方に友人と
少年は今日、小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白衣を着て、他の給食当番たちと、今日の給食を取りにいった。
今日の主食は、お米じゃなくてパンだった。
バケツのように大きな蓋付きの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、一番重たい牛乳だけは、男が運ばないといけない、と思っていた。
クラス皆の分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
牛乳は重いので女子に持たせたくなかったけれど、クラスでのアイドル・フーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年はちょっとドキドキしながら、そのまま2人一緒に牛乳を持つことにした。

ノリノリで跳ねる母さんと穴のあいた靴下

MCで有名な人が電撃引退ということで、報道でうんざりするほど扱っていますが、とってもすごいですね。
次の日本の総理がどのような人になるかという内容よりニュースでも番が速かった。
誰が国の総理になっても変わらないって思う人もものすごくいるし、それより、有名司会者が芸能界をびっくりするほど突然引退というほうが影響がでそうなんですかね。

雨が上がった日曜の早朝はお菓子作り
チカコのマンションのベランダにて育てているミニトマトは、不幸なミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水を与えなかったり、ワクワクしながらお茶をあげてみたり、オレンジジュースをあげたり。
大分飲んだ私と彼女に、ほろよいシリーズの酎ハイを与えられたこともある。
育ての親である友達は、今度興味でトマトジュースを与えてみたいらしい。
もうトマトの心は完璧に関係ない。

ノリノリで吠える先生と暑い日差し

求められて、うじゃうじゃとあるモウソウダケの伐採を支援していたけれど、しかし、太い竹がすごくたくさんで大変だった。
山の持ち主が山の管理を両親から引き受けて、モウソウダケがたてこんで生えていて、手のいれようがなかったそうだ。
私たちは、仕事で用いる大きな竹が手に入れたかったので、いただけることになり、ちょうど良かったが、急斜面の里山から出すのも苦しかった。

のめり込んで体操する家族と突風
憧れの寒い寒いロシアに、必ずいつか行ければという夢を抱いている。
英語の勉強に挫折しそうになった時、ロシア語を学んでみようかと思ったことがある。
けれども、立ち読みしたロシア語の会話中心の参考書をみて一日でやる気をなくした。
verbの活用形が半端なくややこしかったのと、発音の巻き舌も多い。
観光客としてズブロッカとオリビエを楽しみに行こうと思う。

陽気に泳ぐ母さんと僕

本日の晩御飯は一家そろって外食なので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と夕方にはいろいろと思案していた。
カレーライスにオムライス、チョコレートパフェとか?などなど、メニュー表には何が載っているのかとても楽しみでもあった。
今回は近くの和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐ目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉さんは後部座席で、女性誌を読んでいる。
少年は車から降りると、ドキドキしながら店の入り口を真っ先に開けた。

ぽかぽかした月曜の昼は食事を
タリーズでもその他カフェでもさまざまな場所でコーヒーは飲める。
他にも、どこかでインスタントでもいいし、どこかで

私が気に入っているのがスターバックスコーヒーだ。
全店ノースモーキングと言うのは、煙草の煙が無理な私にとってポイントだ。
そのため、コーヒーの匂いをより堪能できる。
値段も高いけれど、立派な豆が使われているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと一緒に、つられてスイーツなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

雨が上がった火曜の午後は目を閉じて

子供とのコミュニケーションをとればとるほど、子供はめっちゃなじんでくれる。
生後、1年までは、会社の仕事がめちゃめちゃせわしなく、見ることがあまりなかったため、珍しく抱きしめても慣れてくれなかった。
父なのにと寂しい気持ちだったが、会社の仕事があわただしいからと見切らずに、定期的に、休日に散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
近頃、朝、玄関をでるとき、俺が行くことが悲しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

前のめりで熱弁する君と気の抜けたコーラ
歩いてすぐに海があるところに私たちは、家があり暮らしているので、高波を親が心配してくれている。
ことのほか震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか高みはすぐ近くにあるのかとか質問する。
妻と自分も憂慮しているのだけど、しかし、気軽に条件のあう物件も見つかるわけではない。
だけど、実際に津波がくるとなった場合に逃走する道を確定しておかないとと思う、だけど、しかし、防波堤周りしか近くに道路がないので、今更ながら、想像したら危険だと思った。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 太陽と大地は不仲ではない All rights reserved.