太陽と大地は不仲ではない

生きていく上で、「芸術家」の立ち位置って、なんだろう。どうでもいいって思う?「少女」は、アナタにとってなんの意味があるんだろう。
ページの先頭へ
トップページ >

怒って叫ぶあいつと暑い日差し

富士には月見草がよく似合うと、名セリフを表したのは文豪の太宰だ。
太宰治は、バスに乗車し、御坂峠を越え、現在の山梨県甲府市へ行く途中だった。
バスでたまたま一緒に乗ったお婆さんが「あら、月見草」と独り言を言う。
その声に、気付いた太宰治の目に見えたのが月見草、そして富士の大きな裾野だ。
富岳百景に記されたのこの話は、日本一の名山を説明するときに欠かせない。
多くの芸術に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏と言う形容がぴったりだと言われる。
そうかもしれない。
私が好むのは秋の富士山だ。

息絶え絶えで叫ぶ姉妹と壊れた自動販売機
ちかこと福岡のAbercrombie & Fitchにショッピングに行った。
まじでここのファッションコーデがお気に入り。
それに、入った時のデザインと、この匂いが。
3時間くらいうろうろして、アバクロンビー&フィッチを後にした。
すると、自分が歩道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさいと言って振り返る。
そういえば、店に来ていた男性。
笑いながら、いえいえ、など言っていた。
ビックリしたのは、彼の荷物。
Abercrombie & Fitchでどれだけ購入したの?と疑問が生じた。
そして、スタバで知佳子とその人の収入予測で議論をした。
答えは永遠の謎だけど。

蒸し暑い火曜の朝に食事を

高校のころから知ってはいても行ったことはない、しかし、真っ暗な動物園は、夜行性の動物がめちゃめちゃ活動的で見ていて満足できるらしい。
気になってはいても、昼間ではない動物園は入園したことがないけれど、娘がもう少しだけ大きくなったら見に行ってみようと思っている。
もう少し大きくなったら、さぞ、子供も笑ってくれると思うから。
よく行く動物園と異質の情緒を妻も自分も必ず楽しめると思うので味わってみたい。

暑い仏滅の夕方に読書を
いつも、Eくんから届くMAILの話は、一体何を言いたいのかほとんど分からない。
飲んでても酔ってなくてもよく理解できない。
だけど、Eくんが仕事で書いたという、会社の商品とおすすめに関しての文を見た。
まともな文をかけるんだ!と思って、感動した。

よく晴れた週末の晩はビールを

何かプレゼントを考えなくてはと考えている。
結婚記念日がもうすぐで、家内に何かプレゼントを渡したいのだけど、しかし非常に良い贈り物が思いつかない。
妻になんか手に入れたいものがあれば、話は早いが、たいして、欲しがるものがないので、嬉しがりそうなものが見当つかない。
なのだけれど、ばれないように何か見つけてサプライズをしたい。

汗をたらして熱弁する母さんとオレ
このようにネットが普及することは、当時子供だった私は予測ができなかった。
品物を売る業界はこれから先競争が激化するのではないかと考える。
PCを使って、なるべく安い物をを探すことができるから。
競争が盛んになったところでここ最近よく目につくようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

気分良く歌う子供と夕焼け

私の誕生日に親友から貰った香水瓶、優しい匂い。
ぴったりな瓶で、頭に置いて選んでくれた匂いで、大きくなくて飾りのリボンが可愛い。
匂いの雰囲気も入れ物もどのように言っても華やかとは言えないものだ。
香水ショップには多くの商品が並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
形は小さい。
上品で気に入っている。
外に出る時だけでなく、働く時も手提げに、家での仕事のときも机の隅に置いている。
だから、バッグは、どれもこの香り。
だいたいいつでもつけているため、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
ショップでさまざまな香りを試してみるのは好きなことだけど、この香りは今までで最も気に入ったものだ。

無我夢中で跳ねる姉ちゃんと穴のあいた靴下
夕刊に、日本女性の眉毛のデザインに関して、興味をそそる解説がまとめてあった。
真相を知ると、いきなり色気まで感じられるので面白い。
一見すると、奇抜すぎるように見えるが、その昔は成人女性の証だという。
理由を知ると、次第に色っぽくも感じられるので不思議だ。

自信を持って歌う父さんと濡れたTシャツ

友人の知佳子の彼氏のSさんが経営する物産会社で、いつも梅干しをオーダーしている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんの可愛い社内SEのEくんという男性は、まったく会話がかみ合ったことがない。
素面のときのE君、わりとあがり症らしくそう多くは返答してくれない。
そんな感じで、私はE君とは話したと言えるくらい話をしたことがない。

薄暗い大安の明け方は椅子に座る
ネットでニュースをいつも見るけれど、紙の媒体を見ることもけっこう好きだった。
今は、無料で閲覧できるインターネットニュースが多くあるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で多くの量の内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもという話題が気になる。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、仮にデフォルトになったら、どの国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 太陽と大地は不仲ではない All rights reserved.