太陽と大地は不仲ではない

「船乗り」のことを好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。なんとも思ってない人だって。あなたにとっての「ハイボール」はどうだろう?
ページの先頭へ
トップページ >

騒がしく歌う姉ちゃんと暑い日差し

人それぞれに、嗜好や好みが存在すると思うが、どんなものか聞くのが好き。
友人に問いかけてみたところ、お金、パステルカラーの下着、彼氏の事が好きとの事。
そして、男性の血管の見える腕。
最後に、ヨーロッパ系言語の響き。
自分には不明。
りんごあめ、シャツを身につけないでニット、香水、ハスキーボイスの若い人が好きだと、伝えた。
もちろん分からないと言われた。
まさにこれは、フェチという部類だという。

涼しい土曜の夕暮れにひっそりと
一人旅でも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
一番は、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったらコスメや小物など興味がある人も多いだろう。
韓国人は見た目、つまり自分磨きへの力は強い。
就職活動や、パートナー探しの際に、日本に比べて露骨に判断する傾向が多いとか。
なので、韓国で発売されるスキンケアは、美容に効果抜群の成分が、日本の物より多く含まれている。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待してもいいだろう。

雨が上がった土曜の日没にお酒を

最近、明日香と麻衣子と旅に行ってきました。
2人は、私が通っていた短大の同級生で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、勉強していたのがトラベル全般とトイックだったので、旅行が大好きな学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな土地へ旅をした思い出は懐かしい。
私は元々それ程仲のいい友達が多い方でもないし、しかもそれで良いと感じています。
だから、すごく嬉しい言葉だけど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような感じだったのもポイントでした。

自信を持って自転車をこぐあの子と月夜
ちいさいころから、活字は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しみながら読むようになったのは、高校生のとき。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
話は、彼氏を失った主人公の、高校のときの思い出からの始まりです。
恋人と死別してしまう経験なんてその時もその後も、もちろんありません。
しかし、当時の私に主人公の切ない気持ちが乗り移ってきました。
複雑な感覚でした。
主人公のさつきと、その時の私の年が近かった事、それもあってだと考えています。
読んだ帰りに、文庫本を買ったのが文庫本を購入した初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと色あせない素晴らしい本だといわれています。

熱中して体操する姉妹と霧

去年の夏の真っただ中、冷房の効いた部屋の中で冷たい飲み物をしょっちゅう摂取していた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが必要だと思ったからだ。
乾燥した室内で、薄着、さらに炭酸飲料にアイスコーヒーで涼しさを求めた。
なので、快適に過ごせたと思い込んでいた暑さ対策。
秋が過ぎ、寒くなって、前の年の冬よりももっと寒さを感じることが増加した。
オフィスを出る業務が増えたこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという事態。
なので、おそらく、真夏の生活は真冬の冷え対策にもつながると思っている。
必要な栄養を摂取し、均等な生活をすることが懸命だと思う。

余裕で叫ぶ兄さんと横殴りの雪
やりたくはなかったけれど、スポーツもちょびっとでも取り組まなくてはとこのところ思う。
職務が異なるものになったからか、このごろ、歩く事がとても減り、体脂肪率がとっても増した。
それから、年も関係しているかもしれないけれど、横腹にぶよぶよと脂肪がついていて、たいそう見苦しい。
ほんの少しでも、気をつけないとひどくなる。

雨が降る月曜の午前は目を閉じて

知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子を可愛いと思っている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も必ず一緒だし、今回は私も一日目だけ同行させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼びかけるし、何かをするときは、とりあえず、私に求めてくれる。
なんとなく可愛がってくれている気がしてきて、かなり居心地がよかった。

気どりながら踊る先生と草原
業務で必要な大きな竹を定期的に譲り受けるようになって、願ってもないのだが、混雑している竹が重荷でつぎつぎと運び出してほしがっている竹の持ち主は、こちらの必要量より大きい竹を取って帰らせようとしてくるので大変だ。
必要以上に運んで戻っても余ることになるのだが、モウソウダケが邪魔でしょうがないらしく、持って帰ってくれと強くお願いされる。
こちらもいるものをもらっているので、強く言われたら断れない。

怒って大声を出す彼と夕立

今日この頃、TVで、マックのチキンナゲットの食感をまねしたレシピというふうに流していた。
大変おいしそうだなと感じて、家内に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの味では残念ながらないけれどうまかったです。
周りがちょっと違ったけれど、中身は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚ぐらいでは多少の差は何とも思わずめっちゃおいしかったです。

どんよりした月曜の深夜はお酒を
わたしは、アレルギーで、ファンデは少しも使ってはいけないし、ケアも限られている。
そこで、果物やサプリメントの力に任せているが、ここ最近口にしているのが粉ゼラチンだ。
飲み物に溶かして、毎晩習慣にしているけれど、多少肌が艶やかになった。
そして、実行してから効果が出るまで、即効性があったので、驚いた。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 太陽と大地は不仲ではない All rights reserved.