太陽と大地は不仲ではない

街角インタビューなどで、「りんごジュース」のことについて尋ねられたら、あなたはなんと返答する?「デザイナー」って、人によって受け止め方が全然違うかもしれない。
ページの先頭へ
トップページ >

悲しそうに踊る父さんとわたし

盆だとしても故郷から外れて暮らしているとほとんど感じることがないが、少なくとも、仏前のお菓子くらいはと思い生まれた家へ買って送った。
故郷に暮らしていたら、線香を持ち父祖の出迎えに出向いて、お盆の最後に送り届けに行くのだが、別れて定住しているので、そういうふうに行うこともない。
周辺の人は、香を握りしめてお墓に向かっている。
そういう場面が目につく。
いつもより墓前のあたりにはいっぱいの乗用車がとまっていて、お参りの人もめちゃめちゃ多く目に入る。

喜んでダンスする母さんと月夜
出張営業に出かけると、一週間くらい泊まり込むこともある。
凄く、意欲はありだけれど、常に気を張っているので、3時間睡眠。
起きる予定時間のずいぶん前にもかかわらず、目が覚める。
その代り、帰宅した時のやりきった感は大好き。
狂ったように遊んでいいことにしているし、眠るし、贅沢する。

風の強い休日の深夜に読書を

新入社員の時、株に興味をもって、買ってみたいと考えてたことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったけれど、しかし、汗水たらして稼いでためたお金があっさりと消えるのが恐怖で、買えなかった。
楽天証券に口座はつくって、貯金から動かして入れて、パソコンのエンター一つだけで買える状態に準備までしたけれど、恐怖で買えなかった。
汗水たらして、働いて稼いでためた貯蓄だから、稼いでいる人たちから見たら少なくてもでも無くなるのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。

気分良く話す友人とあられ雲
水滸伝の北方バージョンの血が通っていて雄々しい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間的なもろさが見えるのもプラスして、はまっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為になるべくチャレンジしているのが読んでいて心ひかれる。
読みとおしていておもしろい。
だけど、魅了される作中人物が悲しい目にあったり、夢がやぶれていく話も心にひびくものがあるから魅力的な大衆小説だ。

悲しそうに泳ぐ家族と花粉症

じっと見てしまうくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
私は一度見かけました。
電車内で同い年くらいの人。
女の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいお手入れをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、内側からにじみ出るオーラはおそらく存在しますよね。
世の中には魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

気持ち良さそうにお喋りする兄さんとぬるいビール
ここ最近、子がいつもの広場で遊ばない。
暑くてきついからだろうか、家のおもちゃがとてももらってふえたからか。
ちょびっと前までは、とてもいつもの広場に出かけたがっていたのに、今日この頃は、わずかでも出かけたがらない。
なんというか、男親から見て、全然困ることもなく、気にしないが、だけど家内はわずかでも複雑らしい。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

一生懸命お喋りする兄さんと気の抜けたコーラ

検診は、例年なぜか引っかかる。
脈だったり、血液の数値だったり、胃だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲んで受けてみて、健診結果を受け取ると、胃がんの疑念があるので、大至急、再検査を指定の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったというか、むしろ心ぼそかった。
即座に評判の良い病院に検査に行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃はかねがねきりきりとしていたので、身体検査に引っ掛かったのはわかるが、活字で自分の名前とがんの疑義が存在すると記載してあったらぞっとした。

笑顔で大声を出す兄さんと僕
レフも、マジで大好きだけれど、それとは違って極め付けと言えるくらい愛しているのがトイカメだ。
3000円出せば取り組みやすいカメラがすぐに手に入るし、SDがあるならPCですぐに見れる。
真実味や、その一瞬を写すには、一眼がぴったりだと思う。
けれども、漂う空気感や季節らしさを撮りたいときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと推測する。

悲しそうに話す先生と飛行機雲

雑誌を眺めていたり街を歩いていると、可愛いな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
その人の雰囲気は、その人の内側かもしれない。
凄く大きいと思う。
私が見てしまうのはミュージシャンの西野カナさんだ。
歌番組を見て、初めて質問を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と考えずにいられない。
ベビーフェイスに、体格もバランスが良く、淡い色がとても似合うイメージ。
会話がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
アルバムは結構聞くけれど、本人を見てもっとファンになった。

熱中して歌う妹と冷めた夕飯
学生時代の友人と前から約束していた。
福岡駅の恒例の巨大なテレビの前。
すると、30分くらい遅くなるとメールが入った。
テレビ前は合流スポットなので、人々は時間が来るとどこかへいってしまう。
ウォークマンで曲を聴きつつ、それを眺めていた。
それでも退屈なので近所の喫茶店に入って、コーヒーを飲んでいた。
それから、友人がごめん!と言いつつやってきた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 太陽と大地は不仲ではない All rights reserved.